手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

下まぶたハムラ法・下まぶたリフトアップ術

下まぶたの膨らみの原因と治療法の選び方
加齢現象と共に下まぶたは、眼窩という眼球を入れている骨があるのですが、その周囲の組織のボリュームが減ることから加齢変化が始まってきます。その次に目袋と呼ばれる眼窩脂肪を包んでいる隔膜と皮膚とを支えている支持組織がゆるんできます。このため、目袋が膨らみ、下まぶたの皮膚がゆるんでくるのです。眼窩周囲のボリュームダウンと目袋の影響でクマになり、疲れてもいないのに人から疲れているのではと指摘されるという方もいることでしょう。
また、生まれつきにこの眼窩脂肪が多い方も目袋の膨らみが目立つという方がいらっしゃいます。
治療としては、私はハムラ法(正確にはハムラ変法)を採用しております。
目袋の原因である眼窩脂肪を単に減らす(経結膜、眼窩下縁切開の双方とも)という方法は私としてはおすすめをしておりません。というのも支持組織である皮膚及び皮下の眼輪筋を修復することなく、脂肪抜きだけすれば、皮膚のタルミや凹みが目立つということと、眼窩周囲のボリュームダウンがかえって目立ち老けた印象となる可能性が高いからです。皮膚のみの切除では方法を誤るとアカンベーにもなりかねません。必ず皮下の脂肪と筋肉の修復が必要です。
また、ヒアルロン酸による注入法もおすすめはしておりません。持続時間が短いためということもあるのですが、皮膚や筋肉の弛みがある状況で、ある程度固さのあるヒアルロン酸を注入すると、かえって膨らみが目立ち、または注入物によるボコボコとした表面の凹凸が現れる可能性があるからです。


Dr.依田の下眼瞼の若返り手術(ハムラ法)

手術の流れ

診察   まず、あなたの下まぶたの皮膚の緊張やゆるみをチェックします。次に目袋の膨らみの程度、左右差をチェックします。
麻酔   局所麻酔で行います。内出血を少しでも予防するため、特注の極細針を使用しております。
手術   睫毛下切開を行います。この部位の切開は正しく行えばほとんど手術跡がわからなくなります。眼輪筋下で眼窩下縁まで眼窩隔膜上を剥離します。
眼窩隔膜を切開し、眼窩脂肪をボリュームが減っている眼窩下縁上に脂肪を覆うようにして配置し、隔膜を下に進展しながら固定をしていきます。膨らみの脂肪を再配置させることにより、目袋が平らになるばかりでなく、眼窩下縁周囲のボリューム不足を補うことができます。
次に皮膚の緊張とハリを得るために、眼輪筋という皮下の筋肉を外上方へ引っ張り骨膜に固定をします。そして、余りのある分だけ皮膚を取り去ります。このことを確実に行えばアカンベーになることはありません。もともと筋肉の弛みがある方は皮膚の切除はやや控えめに行うことが必要です。
丁寧に縫合を行い、テープ固定をいたします。
術後の経過   3日目が最もむくみます。まれに白目(眼球結膜)が浮いた感じに浮腫を起こすこともあります。7日目に抜糸を行いますが、このときにはお化粧を施せば気にならない人がほとんどでしょう。一般にダウンタイムは7〜10日と見ていいでしょう。ぶつけたように青くなり膨らむということはありません。
手術跡は、約3ヶ月赤味を生じることがありますが、お化粧でカバーできる程度です。目尻に固さが生じることがありますが3ヶ月程度で解消していきます。

この手術の利点と欠点

目袋の脂肪を再配置させることにより、ほほが高くなった印象も期待ができます。必要最小限の手術で大変、若い印象を与える手術だと評価できるでしょう。
ハムラ変法は、術者によって微妙にやり方が異なります。その違いによって結果も微妙に異なります。どれが正解であるともいえません。また、高度の手技を要しますので、手術料金のみで判断されるのは注意が必要でしょう。

▲このページのトップへ

下まぶたのハリを取り戻す
下まぶたの膨らみは目立たないが、皮膚のハリがない、よれているというケースに検討をする手術です。
下まぶたの膨らみが目立つ場合や頬の低さも気になるケースはハムラ法とシルエットリフトやスレッドリフトアプトスとの併用を検討するといいでしょう。


Dr.依田の下眼瞼の下まぶたリフトアップ

手術の流れ

診察   下まぶたの皮膚のゆるみや左右差、膨らみ、頬のたるみなどを総合的にチェックします。下まぶたたるみが皮膚のみの問題と判断された場合、この方法を採用していきます。
麻酔   局所麻酔で行います。内出血を少しでも予防するために、特注の極細針を使用しております。
手術   睫毛下切開を行います。この部位の切開は正しく行えばほとんど手術跡が分からなくなります。眼輪筋下で眼窩下縁まで剥離をします。外眼角で眼輪筋という皮下の筋肉を外上方に緊張をかけ、骨膜上に固定をします。このことによりハリのある下まぶたを作ることができます。そして、上方視しながら、余分な皮膚を適度に取り去ります。
細い縫合糸で丁寧に縫合し、テープ固定をします。
術後の経過   3〜5日ほど部分的な内出血により下まぶたが青くなることがあります。少しずつこの色は取れてきます。抜糸を7日目に行います。一般的にダウンタイムは7〜10日と見て良いでしょう。この頃になれば、お化粧を施せば気にならない程度となります。
手術跡は約3ヶ月は赤みを生じることがありますが、時間の経過によって赤みは消退します。

この手術の利点と欠点

下まぶたのシワや弛みの原因は皮膚の余りや皮下の眼輪筋の緊張が緩くなったことがほとんどです。そのため、原因を治さないことには解消しません。ヒアルロン酸類の注入療法や化粧品によってこれらの問題は治らないと行っても過言ではありません。安易な注入術はボコボコ感やかえって膨らみが目立つことがあるので注意が必要です。
目袋の膨らみが気になるケースには、さらに目袋に対する手術が必要です。この手術にはハムラ法を私の場合好んで行っております。

▲このページのトップへ

手術料金(両側)

手術名 備考 手術料金 YD-APS価格
下眼瞼除雛術 皮膚・筋肉のみ ¥200,000
¥150,000
(25%OFF)
下眼瞼除雛術 ハムラ法 ¥280,000
¥252,000
(10%OFF)

※当院の金額は全て税抜価格となり、別途消費税をご負担頂きます。
  (但し保険診療には消費税がかかりません。)

その他治療費一覧はこちら

▲このページのトップへ