手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

涙袋形成術

タレントの必須条件:涙袋の存在
笑うと下まぶたの睫毛下がぷくっと膨らみます。これは涙袋と呼ばれ、生まれつきに発達している方と、あまり表現されない方がいます。この涙袋はタレントの多くに見られ、お顔をチャーミングに見せるワンポイントとして、あるとうれしい表情の1つと言えるでしょう。
この涙袋を作成するには、主にヒアルロン酸等の注入法が行われます。また以前は涙袋があったのに、最近は目立たなくなったという方は、下まぶたの目袋(眼窩脂肪)が出てきてクマのようになっていることがあります。


Dr.依田の涙袋形成術

施術の流れ

施術   (1)ヒアルロン酸の注入による方法
坐位にてヒアルロン酸を注入していきます。一度に作成はせず、2週間ごとに数回に分けて行うとなめらかさが得られ、左右差も少なくなります。
ヒアルロン酸は注入するメーカーによっても異なりますが、おおむね4〜6ヶ月の効果が得られ、少しずつ吸収されていきます。

(2)以前は涙袋があり少しずつなくなった、あるいはクマがあるタイプの方
このタイプの方にヒアルロン酸による涙袋形成術を行うとかえって目袋(眼窩脂肪)が目立ちクマが強調されることがあります。このような方は、下まぶたのリフトアップ術(ハムラ法)を行うことを勧めます。下まぶたの膨らみを処理することにより、以前の涙袋が復活する可能性が高くなります。

涙袋形成術の経過、利点・欠点

(1)ヒアルロン酸の注入による方法
信頼できるヒアルロン酸を使用すれば、特に後遺症など心配することはありません。もしイメージと異なる場合はヒアルロニダーゼを注入すれば数日で注入されたヒアルロン酸は分解されてしまいます。
皮膚の薄い部分に、注射針によって注入するため、内出血を来すことが多い方法です。内出血が起これば5日程度のダウンタイムが必要な場合があります。
涙袋は本来表情によって強調されたり、目立ちにくくなるものですが、ヒアルロン酸による形成術は表情にかかわらず、涙袋が形成されています。

(2)下眼瞼リフトアップ(ハムラ法)による方法
抜糸は7日目に行います。この間は人には会いづらいでしょう。ダウンタイムは10日ほどです。
下まぶたのクマの解消、ハリが取り戻せますので、涙袋以外に喜べることが多いでしょう。以前に涙袋があった方は、この施術によって涙袋が復活する可能性が高くなります。
復活しない場合は、術後3ヶ月以降に(1)を行います。
(1)と比較すると本格的な施術を行いますので、十分な検討が必要です。しかし、やり遂げた場合には満足度が高く、持続時間も長い結果となります。下眼瞼リフトアップのページを参照して下さい。

▲このページのトップへ

施術料金(両側)

施術名 備考 施術料金 YD-APS価格
ヒアルロン酸による方法 エセリスベーシック1本 ¥47,429 ¥35,572
(25%OFF)
ハムラ法   ¥280,000 ¥252,000
(10%OFF)
ヒアルロニダーゼ注射 1回 ¥50,000 ¥32,000
(36%OFF)

※当院の金額は全て税抜価格となり、別途消費税をご負担頂きます。
  (但し保険診療には消費税がかかりません。)

その他治療費一覧はこちら

▲このページのトップへ