手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
世界初!薄毛注入治療ヘアフィラー
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

保険診療・目瞼下垂・眼の悩み

手術解説

見栄えやコンプレックスの改善目的と異なり、実際に生活をしていく上で不都合の症状がある場合には、健康保険適応の手術、治療を受けることができます。しかしクリニックが保険診療を扱っていない施設の場合には、健康保険適応手術の場合であっても自由診療となります。
よだ形成外科クリニックでは、健康保険適応の場合と判断した場合には積極的に健康保険の適応を採用しております。手術の技術はもちろん形成外科・美容外科のテクニックで行っております。

目の悩みにおける健康保険適応手術の一例

眼瞼下垂症

眼瞼下垂とは何らかの原因でまぶたが開きづらい状態の眼のことをいいます。このため無意識に額の筋肉を使用するため、午後くらいになると頭痛や肩こりなどの症状が発生することがあります。
近年コンタクト装用者による腱膜性眼瞼下垂が増加しております。
治療としては原因によって異なりますが、(1)かぶっている重い皮膚の切除、(2)まぶたを引き上げる眼瞼挙筋腱膜の修復に分けられ(1)と(2)を併用するケースもあります。
眼瞼下垂症はまず、正しい診断が求められるのと同時に高度な手術手技も要求されます。繊細な眼の構造を壊すことなく、正しい手術手技で治療することが重要です。


健康保険適応の場合には自己負担金として、健康保険規定の初診料、再診料、検査料、処置料、手術料、処方料が3割負担の場合、3割負担分で発生します。

▲このページのトップへ

手術メニュー

▲このページのトップへ