手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
世界初!薄毛注入治療ヘアフィラー
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

保険診療・ケロイド・ケガ・キズ跡

手術解説

ケガをしたときはどの診療科に行けば良い?
ケガをしてしまった、救急病院でキズを縫ってもらったが、どうも心配だ、キズ跡や胸のニキビの跡が赤く盛り上がってきたなど、キズや傷跡の問題や不安は、どの診療科に行けば良いのでしょう?
外科?外科は主に消化器や内臓に対する疾患を外科的に治療します。皮膚科?皮膚科は外科的治療まではスペシャリストではありません。
このような、皮膚のケガやキズなどは皮膚の外科のスペシャリストである形成外科にお任せ下さい。

ケロイドとは(健康保険治療、一部健康保険外治療)

ケロイドは、胸部、両肩、下腹部に発生しやすく、ニキビや予防接種などなんらかの刺激が関与して、赤く腫れたように盛り上がってきたものです。原因は不明です。
赤褐色に隆起した硬い腫瘤で、激しいかゆみや、痛みを伴うことが多いです。腫瘤の形が複雑で表面の凹凸が強いものでは、深部で感染を起こし、排膿を繰り返す場合もあります。治療は外科的に取り去ることは第1に行ってはいけません。
手術跡が赤くなることがありますがこれは肥厚性瘢痕といい、広がることはなく、次第に落ち着いてきます。

詳しくはこちら

ケガをしたら

指を切ってしまった、ガラスでケガをした、転んで派手に擦りむいた、こんな時ほど初期治療がその後の経過を左右します。形成外科医は指の外科のトレーニングも受けていますので、神経や腱の損傷もチェックをします。また、ダメージが最小限にそしてその後の修正にてリカバーできるように新鮮外傷のキズを愛護的に保護し縫合をします。

詳しくはこちら

キズ跡の修正(健康保険外治療、一部健康保険適応)

とりあえずキズは治ったけど、目立つ。以前に受けた手術跡が気になる。このような場合は形成外科医に相談されることをおすすめします。キズ跡の修正は決して消しゴムで消したように消し去ることはできませんが、形成外科的縫合で修正を行えば、よりきれいな状態にすることが可能です。
キズに引きつりがあり、関節や口などの動きに障害がある場合には健康保険の適応手術となります。

詳しくはこちら

▲このページのトップへ

手術メニュー

▲このページのトップへ