手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
世界初!薄毛注入治療ヘアフィラー
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

医療レーザー脱毛・サイノシュアーエリート

脱毛行為は医療行為です。またレーザー脱毛はエステサロンでは使用することができない医療機器です。

レーザー脱毛について

よだ形成外科クリニックのレーザー脱毛

当院では、レーザー脱毛の標準であるアレキサンドライトレーザーと、皮膚色を選ばないロングパルスヤグレーザーを装備したサイノシュアー・エリートを採用しております。
このレーザーの特徴は、レーザー照射されるプローブを皮膚に直接接触させることがないため、皮膚のあらゆる局面に対しても治療することができ、接触不良によるやけどの発生がありません。また、冷風器にて皮膚をクールダウンさせながら、レーザーを照射するため、ジェルを塗る必要もなく、照射後の身支度もスムーズに行えます。

アレキサンドライトレーザーとロングパルスヤグレーザーの使い分け

アレキサンドライトレーザーは毛にもっとも反応しやすい波長を有しますが、皮膚色に左右されやすいという欠点を持っております。皮膚色の薄い方には良い適応です。治療期間中は日焼けに注意をして下さい。
ロングパルスヤグレーザーは、皮膚色を選ばないで照射を行うことができます。有色人種の治療に極めて有効です。
これらの2つの波長を使い分けて脱毛治療を行うことができるレーザー機器がサイノシュアー・エリートです。

レーザー脱毛治療の実際

(1) 希望箇所の処理のしかたのインタビューや、皮膚の状況を診察します。

(2) 剃毛処理を行い、レーザー照射を行います。治療の刺激は冷風にてクールダウンをしますので、コントロールできる痛みがほとんどです。

(3) ワキの脱毛ならば両側で5分と高速に治療を行うことができます。

(4) 照射後の皮膚反応をチェックし、軟膏を塗布し帰宅することが可能です。

(5) よだ形成外科クリニックでは、看護師が照射致します。

起こりうる反応

毛穴内の毛が焼灼されるため、無痛、無反応ということはあり得ません。
・毛穴の赤み
・皮膚の赤み
・毛のう炎様の反応
・軽い水疱形成
・一時的な色素沈着など
が予想されますが、コントロール内の反応がほとんどです。不安な場合には医師の診察を早めに受診しましょう。

レーザー脱毛の治療が行えない場合

・妊娠が分かったとき(治療の延長の手続きが可能です)
・色素沈着が強い場合
・日焼けの程度によって
・重篤な皮膚疾患のある場合など
医師の診察の際に申し出て下さい。ケースによって判断が異なります。

▲このページのトップへ