手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

赤ら顔・毛細血管拡張症

施術解説

赤ら顔や浮き出た血管のためすっぴんになれず、コンプレックスを感じてしまうことがあります。特に化粧のできない男性にとっては深刻な悩みになることもあります。
赤ら顔や毛細血管の原因は大きくは3つに分類できます。皮膚の構造上表皮には血管が存在しないため、真皮の毛細血管網の問題となります。赤い色はその血管の中に流れる赤血球の色なのです。

赤ら顔・毛細血管拡張症の原因
(1)表皮が薄い場合
真皮の血管がより透けて見えることになります。
(2)真皮の浅い層の毛細血管の発達が良い場合
真皮には厚さが表皮よりあるのですが、その厚さの中で表皮に近い部分の毛細血管の量が多ければより赤みが増してきます。
(3)血管の収縮・拡張を支配している自律神経の反応が良い場合、普段は何ともないが、お酒を飲んだり、温かいところに入ると必要以上に赤くなるというケースが当てはまります。

この(1)〜(3)が混在しているケースは当然あります。

赤ら顔・毛細血管拡張症の治療
赤色は赤血球ですので、赤血球をターゲットに治療を行います。つまり、赤血球に吸収されやすい光を照射し、赤血球に吸収されることにより熱反応がおこり、周囲の血管が破壊・吸収されることで、血管の量が減少するという原理です。よって、光には自律神経の働きを抑える力はないため、どちらかといえば、普段から赤色が気になるケースは治療効果が高いと言えます。
反応の度合いは、赤色の濃さですから、通常の赤色より濃い場合に光は反応します。薄い赤色に対して反応は緩やかです。より反応させるために、皮膚に寒暖を与え、赤色が増すようにして照射を行っています。

使用している治療器
赤血球に吸収されやすい波長を有する、オーパス(ライムライト)、また、血管の走行が分かる部位にピンポイントに治療をでき、照射口径を調整できる、サイノシュアーエリートロングパルスヤグ血管モードを使い分けて照射しています。

▲このページのトップへ

施術メニュー

▲このページのトップへ