手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
世界初!薄毛注入治療ヘアフィラー
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

刺青・タトゥー・植皮

最近は、入れてしまった刺青・タトゥーを早期に取り去りたいという悩みの方が増えてきています。
就職・結婚など人生のイベントのため、どうにか早く取らなくてはというケースでは、レーザー治療ではなかなか対応できません。

刺青・tattoo (tattooを1回で取り去る)

手術の流れ

診察  

刺青・タトゥーの色、濃さ、大きさ、場所を診察します。
治療はどの方法が良いのか希望の治療期間を考慮に入れ検討します。
レーザー治療の良い適応の場合はQスイッチルビーレーザーによる治療を選択します。

レーザー治療以外の治療法

(1)単純縮縫

比較的小さいものを紡錘型に切除し形成外科的手法で縫合します。
直線の手術跡が残ります。大きいものや、体の場所によっては行えないことがあります。

・局所麻酔

・抜糸5〜7日

その後はテープ保護をして経過をみます。手術跡は3ヶ月くらい赤みが生じ、その後少しずつ目立ちにくくなってきます。

(2)皮弁形成術

上記(1)では、手術跡が長くなってしまうケースや、比較的大きさのあるものは、刺青・タトゥーを切除した後、周囲の皮膚をローテーションし縫縮します。
手術跡は直線ではありません。そのため、刺青・タトゥーを切除したキズとは思われないでしょう。

・局所麻酔

・抜糸5〜7日

その後はテープ保護をして経過をみます。手術跡は3ヶ月くらい赤みが生じ、その後少しずつ目立ちにくくなってきます。

Dr.依田の刺青・タトゥーの植皮術

(1)、(2)の方法では対応しきれないもの、レーザー治療では完治が難しいもの、早期に刺青・タトゥーを取り去りたいものが適応です。

レーザー治療で、刺青・タトゥーは取り切れるイメージをお持ちだと思いますが、実際レーザー治療においては1回の治療で完治することは難しく、約3ヶ月に1回の治療を10回に近い回数を行わなければならないケースが多いのが現状です。
そこまで行って、すべてのケースで刺青・タトゥーが消え去るのかというと、まず適応は黒色のものなのですが、濃い色の場合、残存してしまうケースがあります。 また、僂篝屬覆氷色以外のものは、レーザー治療では不可能であるのが現状です。

また、レーザー治療の適応であっても、就職や結婚など人生のイベントの関係で、早期に取り去らなくてはならない場合には、植皮を行わざるを得ないことがあります。 かなり大型の刺青・タトゥーは植皮術を持っても対応できないこともあります。

・皮膚を臀部などから採皮をし、刺青・タトゥーを取り去るというように複数の手術場所になるため全身麻酔を選択します。
よだ形成外科クリニックでは、麻酔科指導医による安全で苦痛の少ない麻酔を実践しております。
・採皮した部分は医療用の創傷被覆材にてカバーをし、約10日をもってドライアップ(ガーゼ保護がいらない)してきます。
・刺青・タトゥーは、きれいに取り去り、アザやケガのため植皮をしたという理由で説明できるようにデザインして植皮を行います。
・植皮部はタイオーバー固定というズレや血腫を予防する固定を行います。
・タイオーバー固定は5日目に外し、抜糸は7〜10日目に行います。

植皮術の経過

特に問題がなければ、約10〜14日で、完成し、仕事も行えます。
しかし、植皮部をなじませるため約3ヶ月間、スポンジ等による圧迫固定が必要です。
スポーツ等は1ヶ月目から可能です。
植皮部は経過と共に馴染んできます。
採皮部は当初赤みやかゆみが気になるかもしれません。
最終的には擦り傷様の面の手術跡になってきます。

▲このページのトップへ


植皮術の利点と欠点

植皮術は、広範囲を1回の手術で取り去ることが可能です。
ダウンタイムは約10〜14日で、とりあえずこの期間をもって刺青・タトゥーを取り去ることができるため、早期に除去しなくてはならないケースでは最適の方法と言えます。
しかし、この手術は植皮術の皮膚を最適の薄さで採皮しなくてはならないというかなり高度な技術が要求されます。
また、採皮した皮膚を安定して生着させるというノウハウも必要となります。
日本形成外科学会認定医でも、かなり場数を踏まないとこなせない手術だと考えております。

また、臀部などから採皮しなくてはならないという新たに犠牲を払わなくてはならないということもあります。
私は、数多くの植皮術、特に刺青・タトゥーに関する植皮術を行ってまいりました。
ただ植皮するだけでなく、あなたの子供から、「昔ケガをしたから」、「大きなアザがあってね」という原因で植皮術を受けたのだよと言ってあげられるような、よりナチュラルに見える植皮術を提供してきました。
植皮は、その部位に応じた皮膚の厚さを採皮し生着させるという高度な技術で行うと時間の経過とともに周囲の皮膚となじみきれいになってきます。

このように、刺青・タトゥーは入れるのは簡単ですが、取り去るのはかなり大変な作業となります。
なにとぞ刺青・タトゥーを皮膚に入れるのは慎重であって下さい。

 

▲このページのトップへ

手術料金

手術名 備考 手術料金 YD-APS価格
植皮術 10cm×10cmまで
(別途全身麻酔必要)
¥500,000 ¥430,000
(14%OFF)
単純縮縫術 1cmあたり ¥25,000 ¥20,000
(20%OFF)
皮弁形成術 1cm×1cm ¥100,000 ¥80,000
(20%OFF)
全身麻酔 (血液検査を含む) 麻酔科指導医による ¥170,000  

※当院の金額は全て税抜価格となり、別途消費税をご負担頂きます。
 (但し保険診療には消費税がかかりません。)

その他治療費一覧はこちら

▲このページのトップへ