手術・治療メニュー
LINE公式アカウント
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

皮膚を切ってしまったら形成外科の受診をおすすめします
ガラスで指を切ってしまいパックリ割れている、転んで顔に擦り傷をおっている。こんな場合何科を受診しますか?外科?整形外科?こんな時は形成外科を受診して下さい。
私たち形成外科医は皮膚の外傷を得意としております。特にキズのその後を左右する顔のケガはスペシャリストの形成外科にお任せ下さい。

対応できる外傷のレベルはありますが、日常の仕事で起こった外傷は対応可能だと思います。

※当院は完全予約制のため、外傷の治療に対応できない場合がございます。その場合は形成外科クリニックのご案内をいたします。ご了承下さい。

手術解説

外傷で大事なことは

まずは、圧迫止血をして下さい。清潔なガーゼや布で抑えて下さい。ティッシュで抑えるのは、傷口にティッシュがつくのでやめて下さい。カッターなので皮膚の一部を削いでしまったら、その削いだ皮膚を濡れたガーゼに包んで持参して下さい。くれぐれも捨てないようにして下さい。
救急外来で縫合や処置を受けたら、必ず翌日に形成外科を受診して下さい。専門的にチェックをし、場合によっては再縫合を行います。特に顔の場合には必ず形成外科を受診して下さい。必要以上に太い縫合糸で縫合されると、「糸キズ」が残ります。

外傷後の経過

外傷後のキズ跡を少しでもきれいに仕上げるためには、最初が極めて肝心です。愛護的にキズを扱い、なるべく元の位置に縫合することです。外傷は一般の手術と異なり、計画的に切開したものではないため、キズ跡の修正を念頭に置き、組織を残すことが重要です。デブリードマンといい、キズの創縁を取り去り縫合することは、私の場合極力行いません。それは、外傷のキズをきれいにするのは限界があるからです。なるべく元の位置に戻し、そのキズが十分治ってから修正をした方が結果がよいからです。そのため十分に組織を残すことが大事です。
キズ跡の修正は、キズが落ち着く最低3ヶ月をあけてから検討をしていきます。

キズ跡をきれいにする(健康保険外治療、一部健康保険適応)

外傷後のキズ跡、あるいは手術を受けた手術跡が目立つ。そんな悩みに対応できるのが形成外科医です。特殊な形成外科的縫合法でキズ跡をより目立ちにくくしていきます。

キズ跡修正の時期

キズ跡や手術跡を修正するのは、ある程度の時間を待ってから行います。一般に、ケガのキズでも、手術の手術跡でも約3ヶ月は赤みが生じ変化をしていく時期です。この時期はテーピングなどで、少しでもキズ跡がきれいになるようケアしていくのが大事である時期です。この時期が過ぎるとほぼキズが成熟して、キズ跡として固定をしていきます。この期間の間に修正手術を行っても、やはり手術後の約3ヶ月は変化をしていくため、通常は修正手術を行いません。
長くおければおくほどキズ跡はより成熟して、柔らかく、変化しなくなります、できれば、外傷や手術を行ったその後の期間が長いほど修正手術は行いやすく、結果も良くなります。修正の最短時期は外傷や手術の約3ヶ月後だと考えて下さい。

修正の方法

キズ跡の修正術は、残念ながら形成外科や美容外科の技術で行っても消しゴムで消したようには出来ません。形成外科的技術で、キズの幅を狭くし、凹凸を軽減してより目立ちにくくしていくことで修正を行います。
カッターなどによる自傷痕のように元々キズの幅が狭いキズ跡を消し去るのは困難な場合があります。

麻酔   局所麻酔で行います。
手術   キズ跡の周囲を計画的に切開し切除します。キズ跡が少しでも狭くなるよう形成外科的縫合で真皮を縫い寄せます。キズの方向が悪い場合には、Z形成術などの技術を利用して、皮膚割線に近づくよう縫合線を変化させます。表皮は場合によっては拡大鏡を使用して、凹凸のないよう、美容外科用の細い糸で縫合をしていきます。
術後の経過   抜糸は5日目に行います。手術跡は約3ヶ月赤くなり変化をするのでこの期間は少しでも手術跡がきれいになるようにテーピングを指導します。その後はキズ跡が柔らかくなり時間と共に目立ちにくくなってきます。

フラクショナルレーザーなどアブレイティブレーザーの有用性について

フラクショナルレーザーに代表されるアブレイティブレーザーはキズ跡を消せるかのように説明されている施設があります。キズ跡は真皮層から表皮の皮膚全層にわたって瘢痕組織で出来ているため、微妙な凹凸こそ軽減しますが、キズ跡の表面を削っても正常な皮膚表面が現れるわけではありません。最新の学会発表をみても、見解の相違はあるかもしれませんが、少なくとも治療費に見合う治療法なのかと言われると私は疑問を感じざるを得ません。今後の推移を見ていきたいと思います。

▲このページのトップへ

手術料金

手術名 備考 手術料金 YD-APS価格
醜状痕修正術 1cmあたり ¥25,000 ¥20,000
(20%OFF)
醜状痕皮弁形成術 2cm×2cm ¥100,000 ¥80,000
(20%OFF)

※当院の金額は全て税抜価格となり、別途消費税をご負担頂きます。
 (但し保険診療には消費税がかかりません。)

その他治療費一覧はこちら

▲このページのトップへ